小浜 賢二

スポンサーリンク
物件運営

生活保護者に入居頂くメリットとデメリット②~メリットと受入れ実践編~

前回投稿したデメリットのインパクトが大きすぎてメリットなんてあるのか?と思ってきました。。。 色々と苦難はありますが、それでもデメリットを上回るメリットがあると思っています。 生活保護者を受け入れる4つのメ...
物件運営

生活保護者に入居頂くメリットとデメリット①~デメリット編~

私は、生活保護者を、賃借人として積極的に受け入れしております。 通常、大家さんは、あまり積極的に受け入れしないようです。札幌市の場合、生活保護者の賃貸契約数は、全体の約1割を占めます。一方、私が生活保護者を受け入れている物件は、全戸...
物件運営

繁忙期(1月~3月)に向けての客付け戦略を考えてみた。

引越繁忙期の1月~3月に向けて、空室を満室にするべく意気込むオーナーは数多くいます。 私もその1人です。保有している手稲区物件は、まだ空室も多く、この繁忙期に向けて賃貸戦略見直さないといけない状況です。 手稲区物件の空室状況 ...
物件運営

家賃を3000円下げると成約数がどのくらい増えるか考察してみた。

今回は、適正家賃の設定について、考察していきます。 オーナーにとって、家賃設定は永遠のテーマです。 家賃設定を相場より高くすると、長期間、空室になるかも知れません。一方、相場より安くして、早期に賃貸付けが出来たとしても、長期で...
物件運営

生活保護の住宅扶助上限と家賃が近いと成約数が上がる!

生活保護の住宅扶助上限に近い家賃だと、賃貸契約の成約数が上がる事が分かりました。 保有している札幌市中央区物件と手稲区物件の年間成約数に著しく違いがあり、散々仮説検証して出た結論になります。 まず、札幌市の中央区と手稲区がどこにある...
物件運営

将来、空室率がどのくらい上昇するか予測してみた!③(築年数、構造、最寄駅からの距離が空室率に与える影響)

前回、前々回に引き続き、ミクロに空室率について考察していきます。 今回は、築年数・構造・最寄駅からの距離毎によりどれだけ空室率が違ってくるのか?について調べてみました。一般的に、賃貸住宅に比べ、戸建ての方が木造構造が多く、且駅から遠い...
物件運営

将来、空室率がどのくらい上昇するか予測してみた!②(地域毎の人口減少が空室率に与える影響)

前回に引き続き、今回は日本全体(マクロ)ではなく、地域毎のミクロ視点で将来空室率を考察していきます。 本来不動産は、二つと同じものはないので、どこまでをミクロとして考察するか難しい所です。その中でも重要な「どこの地域が良いのか」と言う...
物件運営

将来、空室率がどのくらい上昇するのか予測してみた!①(日本全体の話)

前回に引き続き、物件選定に重要な「未来における空室率の予測」について考察します。 不動産賃貸業の重要なポイントは、「空室率を少なく、満室に近い稼働を目標とする」と言う点については、誰しも異議は唱えないと思います。 各種セミナーで...
物件選定

購入物件候補を選ぶ際の条件と計算方法について

投資用不動産を購入する際、色々な指標や感覚を持って購入判断をしています。10年ぐらい勉強(不動産賃貸業)をしている中で、「かぼちゃの馬車物件」を購入しない程度のリテラシーは保有していると自負しています。 しかしながら、ずっと心の中で、...
仮想通貨

仮想通貨の価格上昇要因分析(ビットコインはいくらになる?)

投稿の下書きを書いているうちに、とんでもない事件が起きました。コインチェック事件です。以前の投稿の通り、取引所へのハッキングによる価格下落がおきましたね。ただ個人的な感触としては下落幅は限定的だと思いました。もはや法定通貨に近しく市民権を得...
スポンサーリンク